もの書きなら聴いておきたい一曲『国語』by ハンバートハンバート

 

“もの書き”

というと、すこし仰々しい気もするけど、論文でも記事でも手紙でも”文章を書く人”には持ってこいの曲がある。

単刀直入に言うと、もの書きが聴いておきくべき一曲は『国語』(by ハンバートハンバート)だ。

多少なりとも、ライティングや編集に携わる身としては、やはり大事にしたいのは言葉の扱い方。その扱い方を考えるのに、よいヒントが散らばっている。(とぼくは思うのだ)

 

もの書きは『国語』を聴くといい

「国語」は6th Album『まっくらやみのにらめっこ』に収録されている。
『国語』は6th Album『まっくらやみのにらめっこ』に収録されてる。
ちなみに、公式サイトで試聴もできる。

> http://www.humberthumbert.net/disc/

 

 

どんな曲かというと

「この一曲おすすめです!」

というわりに、ぼくは音楽がてんでわかっていない。だから「音楽的にどうなのか?」というのは、正直、解説はできない。(ごめんなさい)

ただ軽快で愉しげなメロディーと、ボーカルの透き通ってて、しんと響く声は魅力的だなぁと感じる。ちなみに音楽好きの知人いわく、ハンバートハンバートは”オーガニック系”のジャンルに分類できるらしい。

humber cover3

そしてそして、何より触れておきたいのは“歌詞”のこと。

初っぱな『国語』というタイトルから考えさせられる何かがある。

一言にまとめると「その言葉の意味、ちゃんとわかって使ってんの?」という内容となっている。グサリと刺さる。言葉を考えるヒントになるフレーズをピックアップ。

 

みんなが普通に使っているコトバの意味がわからない

オリジナリティって?クリエイティブって?

外国語のコトバをカタカナに  わからないことを曖昧に

だますときにだけ使うなよ

てめえの都合で使うなよ

 

どうだろう。もの書きなら、あるいは、言葉を丁寧に使いたい人なら、少しドキッとしやしないか?

 

歌詞/フレーズから読みとった3つのこと

ぼくが先ほどあげたフレーズから感じたのは次の3つ。

 

■ 自分が無意識的に使っている“言葉”の意味ってなんだろ?

当然のように「この言葉はこういう意味だよな」と使っている自分をまず振り返ってみたい。自分の中だけ成立するものでなく、相手にも共有できる言葉なのかを考えてみる。

「自分が書いた文章は、この単語は、この文脈の中でどう捉えられるのかな?」なんてことを。”無意識を意識化する”作業は大事だよなきっと。

 

■ 騙すように使っている“言葉”はないか?

相手がその言葉をよく理解できていないとき、「こりゃしめたもんだ」と曖昧な言葉を、聞こえ良く使いまわす人がいる。相手の意識をコントロールしようとしてないか。それは欲張りだ。

言葉の響きというか、元々備えている言葉のポテンシャルを悪用してはいけない。頼りすぎちゃいけない。誰かの文章を読むにしても、自分が文章を書くにしても、”釣り(詐欺)”のような言葉は一切無いように。

妙な”作為”は断ち切りたい。

 

■ 都合よく、相手に“言葉”を押しつけてないか?

自分と相手、おなじ言葉を使っていたとしても、その意味と使用する意図には、微妙に違いが出ることだってある。ここで意味の擦り合わせができていないと、物事はうまく進みにくい。

意味の交換をちゃんとしておきたい。たがいの違いを理解しあわなきゃ。自分が使っている“クリエイティビティ”って「一般的にはどう思われてるんのかな?」「あの人はどう解釈してるのかな?」と想像しながら言葉を選び、文章としてまとめること。
自分の口から手から出てくる言葉は、発した瞬間にかたちを変え、自分だけでなく相手のものにもなる。だから自分の言葉から生まれる言葉には慎重に、丁寧に向きあいたい。

 

最近この記事で”きれいな言葉”について考えたこともあって、なおさら、痛感する。

 >ことば嘔吐:http://ketsuraku.tumblr.com/post/73592235789/words

 

言葉は「自分そのもの」だから…

言葉にも、相手にも、しっかり面と向き合うことは、ものすごく難儀なこと。

「それ辞書にも意味が載っているから大丈夫でしょ」と相手に甘えがちだけど、実は意味の共有はできてないことが多い。日常茶飯事だ。

自分の“普通”は人からすれば“普通”じゃない。ほんとはちょっと違うのに、どちらかが遠慮しがちに合わせてたり、意味の答え合わせを怠けてたりするから、その普通がなんとなくまかり通ってしまう。

 

言葉は、自分そのものだ。だから自分が丁寧に使わないと、注意を払って相手の言葉に耳を傾けないと、心地よい会話は生まれにくい。

文章ということで言えば、書き手と読み手の会話なのだから、もの書きはその心地よさを大事にしたい。

しかも「話す」のと違って、後から意味を付け加えたり、訂正をすぐにできない。一度サラッと読まれただけで、正しかろうが間違っていようが“自分という人間”をそれとなく解釈されてしまう。

もの書き(自称でも!)として、そこらへん気を付けたい。

 

長々となったけど、その“言葉と自分の関係性”をうんとうんと考えるきっかけとして、『国語』を聴くのだよ。

そして、ぼくはちゃんと言葉を扱えているのか、文章を書けているのだろうか。ずっとずっと、これは、ぼくの問いであり続けるんだろうな。

 

おまけ(ハンバートハンバートとは?)

■ ハンバートハンバート

夫婦デュオ、三児、佐野 遊穂(さの・ゆうほ)/佐藤 良成(さとう・りょうせい)

hambert

『国語』に限らず、そんな言葉を扱うヒントが、他の楽曲にも隠れている気がする。むさぼるようにいま聴いている。(こうやって書いている今まさに)

 

『おなじ話』や『蝙蝠傘』はものがたりを書いてみたい人に、

『荒神さま』は「やべー、書かかなきゃ!」と締切間近でケツを叩きたい人に、

『透明人間』は自分の文章で売れた気分を味わいたい人に、

 

よい気がします。おすすめです。

 

> Humbert Humbert[OFFICIAL WEB SITE』http://www.humberthumbert.net/
> humbertchannel[YouTube]http://www.youtube.com/user/humbertchannel 

Continue Reading