「Bols Shows Your Colours」大事なことはぜんぶバーテンダーから教わった

もう何回観ても「いいよね」と思える映像ってありますよね。 「Augment5」の日本シリーズとかそれなんですよね。日本人の知らない日本の姿が画面の向こうに映し出されて、ほれぼれしちゃいます。

 

それとは別なんですけど、何回観てもいいよね、はもちろん、観るたびに「いろいろあっていいよなぁ」と気持ちがほぐれる映像がぼくにはあります。

 

『Bols Show Your Colours』

 

この映像は、トップバーテンダーたちが行ったカクテルワークショップの様子が映し出されています。ウクレレ?の軽快な音楽をBGMに、あらゆるバーテンダーが、自分の色とアイデアを生かしたカクテルづくりを披露しています。

ちなみにBolsは、アムステルダム発の、世界最古と歴史も深いリキュールメーカーですです。

 

もしカクテル自体に興味がもてなくても、多様性とか個性とかを、ちょっとだけ考えられる映像だと思います。なにより楽しそうな人たちでいっぱいです。約4分ほどの映像になっていますが、ぜひ観てみてください。(映像は文末にあります)

ぼくは、大事なことはぜんぶバーテンダーから教わりました。

 

時間がない方のために、スクショ画像でちょっとだけご紹介しますね。

 

Bols Show Your Colours  2
さまざまな恰好、スタイルで、
Bols Show Your Colours
女性バーテンダーももちろんいて、
Bols Show Your Colours 3
シェイカーを振る姿だって人それぞれ。
Bols Show Your Colours 8
シェイカー後のティンを、肘をつかって外すのがイカしてますよ
Bols Show Your Colours 4
飾り付けでインパクトがあったり、
Bols Show Your Colours 7
ツールを変えて、自分のつくりたいカクテルをかたちにしていきます
Bols Show Your Colours 5
見た目だけだと「え、これがカクテル!?」なんてものも
Bols Show Your Colours  6
一杯一杯に、バーテンダーの想いと、ユニークが詰め込まれます

 

自分らしさってなんだろう。とこの映像を観るたびに考えます。他の違っていてもいいんだ、むしろ違っているからいいんだ、自分の色を出すにはどうしたらいいんだろう、というフレーズが頭のなかを巡りに巡って、最後には元気づけられんですよね。

違うことをよしとし、認めながらも、どこかで協調しながらも、のびのびと、一人ひとりが楽しく、つくりたいものをつくることができる。自分自身がそうでありたいですし、そういう雰囲気をかもせる場づくりができたらな、とシャッキリします。

 

せかせかしすぎたり、淡々とものごとをこなし、なんか大事なことを忘れている気がするなぁ。そんな時にはYouTubeを気付けば眺めています。ちょっとした原点回帰のための映像だったりします。

そういう映像ってだれにでもあると思うんですよねー。CMとかMVとかいろいろなかたちで。

 

ということで、お待たせしました(お時間ある方)最後に映像をどうぞ。よければ、観てみてってくださいね。ご感想などあれば、Twitter(@0mija)にでももらえると喜びます。めでたいので、その日はお酒を飲んじゃおうかな。

 

『Bols Show Your Colours』

YouTube Preview Image

 

Continue Reading