2000年からリモートワーク(二拠点居住)していた音楽家「TEI TOWA」

TOWA TEI 94 14  20TH ANNIV  TOKYO JAPAN|Warner Music Japan

最近になってから「リモートワーク」という単語をよく聞くようになりましたね。これは、「ノマドワーク」とか「クラウドワーク」、「在宅ワーク」とかそういった部分も似たような言葉で、総務省的には「テレワーク」と言いたいそうな。

ちなみにですけど、テレワークの定義というのは「ITを活用して、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」だそうで、「週8時間以上」そういった作業をしている人はテレワーカー扱いだそうで、H24年の統計によれば国内ワーカーの21.3%はテレワーク人口とのこと(ちょこっとまとめてみました)。

Continue Reading

「九州変態会議」「移住フェス」などを経て、いま思うこと

30日、31日は東京にきておりまして、「移住」を主なテーマにしながら動き回っていました。たくさんの出会いがあって、それは初対面も再会もあってで、よい週末を過ごせた気がします。

さてさて、順を追いますと、30日は「九州変態会議」というイベントへ足を運びました。以前も少し触れた「みんなの移住計画」のなかの「〇〇移住計画」を九州で展開するメンバーが集まったこちらの会。

Continue Reading

こんな「京都わかもん会議」は嫌だ

ぼくは1988年に生まれました。平成前の、ギリ昭和。で、いつも思っているのが、ぼくらの世代は、動くことよりも考えることをより好む傾向があるんじゃないか、ということ。よく言えば、熟考型の慎重派。わるく言えば、ビビりの頭でっかち。誰かのやった経験や言葉を借り、さも自分が経験したかのように語り、他人のふんどしで相撲をとるような、そんな世代だろうなと。まさに自分がそうなんですよね。それがいつもこわい。

Continue Reading

Webマガジン「地域移住計画」で、地方移住者ライターを募集してるよ

東京の一極集中型から離れようとしているためか、“地方移住”についての情報がWebメディアでもだいぶ増えてきたように思います。

移住後にどんな暮らしをつくるのか(ライフスタイル)、どんな仕事をするのか(ワークスタイル)、どこに住むのか(リビングスタイル)、みんなの関心も時代とともに変化しつつあるのでしょう。

 

個人的に「京都移住計画」に関わらせてもらっており(広報担当)、そこをきっかけに移住関連の動きを追うようになりました。

福岡移住計画岩手移住計画新潟移住計画など全国各地で、ぽつぽつ動きはじめてます。地域おこし協力隊の制度との相性もよく、「地方創世」という意向に合っている気がします。

Continue Reading

京都移住計画 × おへマガ(岐阜・恵那) ーー 「暮らしのアイデアを共有する」イベントを開催するんだって

以前、ロフトワーク京都のローカルメディアイベントで知ったのが「恵那山麗博覧会」。そちらの運営元、NPO「えなここ」は、いつの間にか「おへマガ」というメディア運営をはじめていました。

 

こうやって、地方だと見えにくい情報が可視化されるメディアって素敵です。そして、メディアと連動しているのが「Gターンカフェ」。Gターンカフェの説明は次のようになっています。「GIFU(岐阜)」のGということみたいですね。

Continue Reading

日本(の魅力)はそんなもんじゃないよな

日本人の知らない日本が、まだまだある。あれ、これって前も言ってたな

全国各地、知らないだけ、行ったことがないだけで、魅力的な場所はたくさんあるんだろうなぁ。美味いもの、職人業がつまったもの、きれいな風景、そして、そこで暮らす人は、その土地の財産そのものだ。


沖縄から上京したばかりの頃の、バカたれなぼくは、沖縄と東京だけで、日本を知ったつもりになっていた。だけど、それは当然のように間違っていて、同じ沖縄でも東京でも、ところ変われば、知らないものばかり。発見ばかりだった。

Continue Reading

THE MANZAI 2014 を更に楽しませてくれる、芸人ではないツイッタラーたち

歴代の「M-1グランプリ」、真冬の「R-1グランプリ」、先日シソンヌが優勝をとげた「キングオブコント」、あるいは近年復活した「THE MANZAI」など、お笑いコンペは“みんなの年間行事”とも言ってもいいくらい大きなイベントな気がします。

テレビっ子のぼくとしては、やっぱり見逃せないし、見逃したくないイベントでもあり、もはや風物詩的なものです。

Continue Reading

日本人なのに日本がおもしろいことを知らない人へ

突然ですが、ぼくは東京外国語大学という、東京でもへんぴなとこ(府中)にある大学に通っていました。だからこそ、つよく思うことがあります。「日本っておもしろいよね」と。

大学に“外国語”がつくるだけあって、在学生の7割ほどが留学を経験する大学にぼくはいたわけです。そうなると、知り合いのほとんどが留学へ。で、彼らが出かけて帰ってきたときに話を聞くと「日本についてなにも知らないんだな、って気付いた」「国内をもっとまわってみたい」というポジティブで、リアリティある言葉をもらえるのです。

Continue Reading

RSS勉強会レポートと、関連Webサイト&メディア62こ

こんにちは、ここ最近、沖縄に流れUターンした、おおみじゃです。

ずーっと前ですけど、知り合いのプランナーが(わりと学生向けに)Webでの情報収集についての勉強会をやりました。その一環として「RSSをうまく使おう」と名を打ったもので、ぼくもちょいと参加したので、かるくレポートを書いておきます。

Continue Reading

アパートメントぐらし、はじめます

 

これ、リアルじゃなくて、ネットの話です。 アパートメントぐらしをはじめます。

 

アパートメント」というウェブマガジン、というかコミュニティがあります。サイトをひとつのアパートに見立て、いろんな住人がここに入居しながら、自分の部屋を模様替えするかのよう、おもいおもいに記事を書いています。

実際は、ここで書くみなさんのいばしょは国内外にちらばっているのですが、遠くから投稿することで、だれかが投稿した記事を読みに、この場所に集まって、くつろいでいるかんじでしょうか。

 

それぞれはお互い壁の向こうは知らない、けれどそこにはそれぞれのひとの生活があってそれぞれの想いがあって、それは同じ時間のなかで営まれている。
アパートは全部を見たら箱だし、ひとつひとつの部屋を見たらひとだし、それぞれと話したらあなたになる。
隣にいる、向かいにいるあなたと、逢ったり話したり笑ったり、そんなことをこのアパートで。

 

 と、管理人のひとりの朝弘佳央理さんは言います。体温のあるアパートなんですね、ここは。ちなみに、この記事にも使わせてもらったトップ画↑は(ありがとうございます)、矢野ミチルさんが描いた作品です。

 

アパートメント2

 

絵描き、物書き、ダンサー、音楽家、詩人、サラリーマン、職種も年齢もジェンダーも幅ひろい住人が(書きてとして)います。このごちゃごちゃ感がすてきなんですね。それで、ぼくが記事を読んでで特にビビッときたのは農家さんでした。

お米農家 やまざき さん。

 

お米農家 やまざき   アパートメント

 

文章を考えてるのは、旦那さまで、タイピングをしているのは奥さまだそう。それだけでほっこりとするのですが、文章というか、自然を感じとる感性がうつくしいな、と大袈裟かもしれませんがそう思いました。

こんなにも、身近にある「食」なのに、その裏側にあるいのちの逞しさや神秘さに気付けなかった自分が恥ずかしくなるくらい。

米という、種のこと。

 

前置きが長くなってしまいましたが、アパートメントにぼくも入居できることになりました。 というか、もう8月から住人になっていて、書きはじめています。共同管理人でもある鈴木悠平さんににポンと肩を叩いてもらえたのがきっかけです。ありがたや。このエッセイあったかくて好きです。

中央線の少年

 

今は“当番ノート”で毎週水曜日を担当させてもらっています。以下は8月から寄稿させてもらっている記事です(随時追加します)。ここでは「くらしとカクテル、たまに妖怪。」ということで、「カクテルがくらしの一部になれたらいいな」を意識しながら書いています。妖怪はおまけです。ハッピ—セットのおもちゃみたいな。

 

アパートメント 当番ノート

3000円の飲み方を考える 

ぼくにとっての「Gin Tonic」

お酒は飲めなくてもいい

カクテルとチームワーク

いなくてもいい存在をかわいがること

はたらきかた、がつくるもの

 

のむ空間と、のみものの可能性がすこしでも広がっていけばいいなぁ、くらしとカクテルがいいかんじにリンクしていけばいいなぁと、思いながら書きつつ、いつも自分の思いを整理させてもらっています。これはアパートメントで書いてのメリット部分ですね。

というのと、定期的に日にちを決めて書くことをさせてもらってるので(しかも編集は全くなし)、文章の自主練の時間をつくってもらっている感覚もあります。いつもギリギリで、ひぃひぃ言いながら書いているのはここだけの話ですけど……笑

 

あと、「みんなで書く、つくる」メディアのロールモデルとしてもとてもためになります。実はぼく自身「ハチナナ・ハチハチ」というものも運営してたりするので。

 

(最後に)あ、実は、住人といってもですね、8月と9月の2ヶ月だけなんです。だから合計8本書かせてもらえるわけです。残りも楽しみながら、なにか自分でもハッとしながら、なにかくらしの足しにできる話ができたらなと思います。

いってみれば、期間限定のレオパレス住人のようなものなので、「来たときよりもうつくしく」と小学生時代のまなびを胸に、部屋を汚しすぎないようにしたいです。がんばりすぎずに、がんばります。ごえんに感謝。

/ アパートメント

 

Continue Reading