小豆島でぼくは人間になる。#1

 

小豆島での居候生活もゆるゆると続いております。”島”と聞くとすこし想像つきにくいですが、冬の島というは浜風がやってくるので結構さむいです。小豆島もご多分に漏れず冷え冷えとしています。

 

小豆島の”小”豆知識「地理」

小豆島で住み始めた場所は「池田」という地域です。いきなり池田と言われてもチンプンカンプンだと思うので、まず住所の説明から。

 

■ 香川県小豆郡

小豆島は「香川県小豆郡」に属します。

小豆島map whole
北は四国、南は四国、東は近畿、西は九州、と四方八方囲まれた瀬戸内海に位置する小豆島(A地点)
小豆島map
よく見てみると、「牛」のカタチに見えませんか…?

 

香川県小豆郡…ときて次に町がきます。 小豆島では二つの町に分かれます。

「小豆島町」と「土庄町」です。

 

 ■ 小豆島町

香川県小豆郡小豆町map 2
*薄ピンクに囲まれたエリア。牛で例えるとしたら「前足」「後足」「お腹」「尻尾」部分で小豆町が構成されます。

 

■ 土庄町

香川県小豆郡土庄町map 2
*薄ピンクに囲まれたエリア。牛で例えると、「頭」「背中」部分で(小豆島の)土庄町を構成しています。

隣の島にある「豊島」も土庄町に含まれるので、少し戸惑ってしまいます。。牛で例えると、豊島はマタドールが使う赤マントでしょうか。もはや無理やりですけど。笑

 

■ 池田

最初に触れた池田は小豆町に含まれるエリアです。

香川県小豆郡小豆島町…ときて、やっとこさ「池田」が登場します。

小豆島map 池田
薄ピンク部分が池田エリア。

 

前回も触れましたが、

約30000人が暮らしており、面積は約150㎢はあります。

東京であれば渋谷区(15.11 km²)と新宿区(18.23 km²)と世田谷区(58.08 km²)を足して、

小豆島から引いてみても面積のおつりが返ってきます。

数字で比べるとこの事実に驚きを隠せません…

 

そのため、一概に「ここが小豆島だ!」と言うのは難しい気がします。

小豆島の土地は、広く、エリア毎に特徴が違っているからです。

ただ、島内をうろちょろする楽しみはここにあると思います。

 

海と山とセブンイレブン

最初の話に戻ります。

 

僕は小豆島の池田(↑)にある家、通称ポンハウスで居候しています。

家の近くに何があるのか…?という事ですが、

とりあえず周辺を散歩してみました。

 

ざっくばらんな結論を先に言うと、

家の近くには、山もあれば、海もあり、セブンイレブンだってすぐ近くにあります。

困らないどころか充実してるくらいの快適さです。

 

家から海へ向けて歩くと、セブンイレブンが見えてきます。

ちなみに小豆島にあるコンビ二はすべてセブン系列。

車社会なため、駐車場はバカでかいです。

セブンイレブンの横には、お米の自動販売機があります。

 2013-12-18 14.58.10

島というか田舎ならではの光景かもしれません。

 

さらに海へ向かって歩きます。

そこそこ車が行き来する国道346線をまたいで、海へと一直線。

その途中、ドラゴンクエストのスライムのような標識が…

2013-12-18 11.24.48

「ひのきの棒」があれば十分なので、

そこらへんで拾ってでも戦いたい人は戦いましょう。

経験値+1くらいになります。

 

少し邪魔が入りましたが、

ほんの2~3分で、海に辿り着きます。

2013-12-18 15.14.18
ここをくぐると、砂浜が。

2013-12-18 11.33.28

この視界のずっとずっと先には、四国本土があります。

内海ゆえに、波はひどく穏やか。

足を運ぶ度に、べた凪が広がる海というのは初体験です。

 

風景と人の性格はリンクすると僕は思っています。

きっとどんなに気持ちが荒れていたとしても、

この波を眺めれば、自然と心が落ち着きます。

だから島には、心は広く穏やかな人が多いのかもしれません。

 

帰り道では山に向かって帰ります。

2013-12-18 14.53.09

12月、秋が去り、真冬へと向かい木々が準備を始めています。

黄色や紅色、灰色のグラデーションが山を飾ります。

冬にしか見れない景色も小豆島にはあるんですよね。

 

と散歩したらこんなかんじです。

海と山とセブンイレブンが近くにありました。

 

暮らしを見つめる、無いもの、有るもの

都会に慣れ過ぎてしまっている人からすれば、

近くにセブンイレブンがあるくらいじゃ不便を感じるかもしれません。

 

松屋やマック、TSUTAYAや漫画喫茶、ROUND1などの便利で愉しげな場所が、

“すぐそこ”にある生活を変わりなく送っていたとしたら。

 

ただどうでしょう、

それらは”本当に”必要なのでしょうか?

 

「そんなものは必要ない」と押し付ける気持ちはこれっぽちもありません。

ただ「自分の暮らしに本当に必要なのかな?」

と少し立ち止まって考えてみるのは大事なこと。

 必要であれ、不要であれ、自分の暮らし方を見つめる良い機会にはなります。

 

無いものは無いけど、

有るものはたくさん有る、

と島や田舎で暮らす人はよく口にします。

 

では小豆島には、

何が無くて、

何が有るのか、

それは誰かの話を聞くのもいいですけど、

自分自身にとっての「無い/有る」を滞在中に発見していきたいです。

 2013-12-18 11.27.39

 恥ずかしながら車免許をもっていない僕は、

基本的にロードバイクで移動をします。

 

東京では電車移動だったけど、

小豆島ではスピードダウンして自転車へ。

現代文明を少しだけ逆行するように。

 

ゆっくり動くからこそ見える景色だってあるはず…

 

もちろん散歩のように、”歩く”こともします。

徒歩という原始的な移動手段を大切にしたいです。

ある意味、歩くことは昔の人と共有できる動作でもあるので。

機械的な生活を送っていた僕にとっては、昔の人がより人間らしく思えます。

小豆島で、また人間に近づきたいです。

 

 

back number.

> 小豆島でぼくは人間になる。#0

You may also like

コメントを残す