かばんひとつで、生活も仕事もどうにかなる・・・?

 

先日のイベント(レポート記事はこちら)で使わせてもらった写真。どんな場面で使ったかというと「今の自分をよく表わしている写真は?」と現状から”これまで”と”これから”の活動を紹介する流れに乗せて、というあんばいでした。

THRASHER
THRASHER/もともとスケボーブランドみたいですが、これはガジェット好きようのモデルらしいです。かなりの数のポケットがついてるので使い易く、コンパクトにまとめられます。

[スラッシャー] THRASHER 多機能バックパック THRSG6802 ブラック (ブラック)

 

勢いだけで、勝負(購入)にしました。

現在はこのTHRASHERバッグで「家なし生活&移動」を続けています。ここに詰めた荷物で暮らしと仕事が成り立つようにまだまだ整理中。「最小限をめざしてもっと減らせるんじゃないか?」と試行錯誤を繰り返しています。

このバッグも、移動をしはじめて「仕事ツール(パソコン/タブレット/メモ帳やら)だけを取り出せるかばんに変えたいなぁ」と思っていたときに、偶然立ち寄ったヴィレバンで出会したアイテム。

一目惚れで即購入。近くのトイレで荷物を前の鞄から詰め替え、古いほうはその日にあった知人に引き取ってもらいました(今思えばかなり無理やりだったかもしれません笑)

あの時の決断力はじぶんでも好プレーだったと、自分で自分で褒めてやろうと思います。

以前はグレゴリー鞄を使用。ポケット数も少なく、パソコンやタブレットなど仕事に使いたいガジェ類を取り出すときに生活品とごっちゃになり不便&煩わしく...
以前はグレゴリーのかばんを使用。ポケット数も少なく、パソコンやタブレットなど仕事に使いたいガジェ類を取り出すときに生活品とごっちゃになり不便&煩わしかった…
スラッシャーかばん購入日に会った知人(右端)に引き取ってもらいました。さよなら、、元気でやってね。
スラッシャーかばん購入日に会った知人(右端)に引き取ってもらいました。さよなら、、そういえば元気でやってるかい?

「これって本当に必要なの?実はなくても問題じゃない?」

という、物資的にものが少ない、いなか出身の感覚を甦らせてみると(ちょっと無人島にいったようなサバイバル感で選んだら)、自分なりの「ものを捨てる基準」も見えてきました。

なので「最小限/ミニマルにくらす」という体験記事も、いつかこのブログで書き溜めてゆければと思います。

 

服はどうしてるのか?

ちなみに、服は「現地調達、現地廃棄」をモットーにしてます。季節毎に合わせて、てのと、結局そのときそのときで自分の着たい服の感覚って去年から変化してることも多いので。

ただ、単純に捨てるのはエコではないので、基本的にリサイクルできる方向で使ってくれる人に手渡しています。

現地調達、現地廃棄。
「現地調達、現地調達」のため、秋を迎える手前、こいつらともおさらばしてきました。

/ 服を捨て去りたい、けど裸はダメ、ぼくらは世知辛い時代に生まれたんだよ

 

荷物が減ってゆくなか、生まれた感覚

ひとつ主張しておきたいことがあります。最小限を求めていくなかで、自分の傍に“どうしても残しておきたいもの”って出てくるんですけど、それこそ自分の“個性・キャラ”をよく表わしてるものだということ。

例えば、ぼくの場合、パソコンだったりカクテルシェイカーがそれに当たっており、仕事や趣味でもwebは離せませんし、カクテルと関わってゆく身としても、とても大事&必要不可欠だったりします。

 / ノマドワークでなく、ノマド「ライフ」に僕がこだわる理由

この事実に、移動しながら断捨離しながら、自分でもハッとしました。ものを増やす喜びもあるけど、減らす発見そして喜びもあるよ、そんで長い目でみたらとてつもなく重要な「ハッ」かもしれません。

 

[追記/2014年10月16日]

現在は、ふたつの拠点(東京-沖縄)の中で動き回っています。拠点ができると、ものが不思議と増えていくのですが、増えれば増えるほど、自分に必要なものがなんなのか、自分ってなんだっけ?(笑)と感じている今日この頃です。

身近なところで言えば、スマホのホーム画面アプリとかでしょうか。

/ 自分のスマホ画面をみてハッとした。

You may also like

コメントを残す