Webマガジン「地域移住計画」で、地方移住者ライターを募集してるよ

東京の一極集中型から離れようとしているためか、“地方移住”についての情報がWebメディアでもだいぶ増えてきたように思います。

移住後にどんな暮らしをつくるのか(ライフスタイル)、どんな仕事をするのか(ワークスタイル)、どこに住むのか(リビングスタイル)、みんなの関心も時代とともに変化しつつあるのでしょう。

 

個人的に「京都移住計画」に関わらせてもらっており(広報担当)、そこをきっかけに移住関連の動きを追うようになりました。

福岡移住計画岩手移住計画新潟移住計画など全国各地で、ぽつぽつ動きはじめてます。地域おこし協力隊の制度との相性もよく、「地方創世」という意向に合っている気がします。

 kyotoijyukeikaku-690x617

 福岡移住計画

どこに移住するかは、その地域色がやはり出るものです。だからこそ、その地域ならではの風土を知ることはとても大切。

自分のやりたい形だけを、その地域に持ち込むとダメということです。自分と地域のいい塩梅がどこもかしこもあるはずなので。

 

一地域に限定せずに、広く「移住」を扱おうとしているのが、「移住フェス」や「地域移住計画」なのかもしれません。

毎度ながら前置きが長くなりましたが、地域移住計画では、移住経験者のライターを募集しはじめました。

 

「地域移住計画」ライター募集について

dfdsf

よりリアルな「移住現場」の情報を発信し、地域の面白さを、さらに多くの人たちに伝えていきたい。このような想いの元、「地域移住計画」では、実際に地域への移住を実践した『イジュー★ライター』さんを大募集します!

・移住を考えたきっかけ
・移住によって得られたもの
・移住先での出会い、他の移住者さん紹介など

上記のようなテーマと共に、移住した地域の魅力を『イジュー★ライター』として発信してみませんか?

 http://sorack.com/?p=911

 

移住を経験したからこそわかる感性で、記事が書けるのは、言葉に重みがでてきます。そうすると、コンテンツがより魅力的になりそう。

地域おこし協力隊員でもオッケーなのと、無報酬とのことなので、自分なりに次の動きにつなげるための意味を見いだしたうえで、応募できるといいですね。

 

Webでの発信から(公私ともに)広がりが生まれるというのは、ぼく自身実感しているので、こちらのライターに限らず、ブログでもいいので、地域の記録がてらに書き進められるといいのかなと。

基本的には、自分の専門性を持ったうえでライティングをやれたほうがいい(ライター以外の人がライティングする)と考えているタイプなので、「(地域)〜移住」を掘りさげた発信者が増えることに期待です。

 

ぼくがひとつ気になったのは、募集ページの「これからは東京よりも地方が面白い。」という一文。別に東京がダメってわけじゃないので、「これからは東京も、地方も面白い。」のほうがいいのになぁ、とチラリと思いました。

 

最後に、きっと奥田民生さんの「イージュー★ライダー」からのパロってるはずなので、敬意も払いつつ、この曲を聴きながら、ライター応募するか決めてみてはどうでしょうか。

YouTube Preview Image

You may also like

コメントを残す