受け入れるひろさ

最近よく行く珈琲屋さんが、いい。「いい」には、いろんな「いい」がある。

珈琲もデザートもごはんもおいしいから、いい。音楽と空間が、いい。なによりも、いろんな人が集まるのが、いい。

 

職種、年齢、ジェンダー、は関わらずに、常連さんも一見さんも、子どもも大人も、ひとつの場所にいるという現象。

 

こんな風景があった。子ども連れの常連さんがきてたときのこと。子どもがあちこち動くんだけど、他のお客さんがあやすように子どもと会話する、お父さんとの会話にもつながる。

すごくあたたかな空気がそこには流れていた。調和された空間だったなぁと。そういう場をつくるのは、結局は、店主の人柄があるんだろうけど。結局は、店主が、いい。

 

IMG_2171.JPG

You may also like

コメントを残す