夕暮れどき、散歩に出かけてよかった

家をでると、もあもあもあもあ蒸し暑さを感じる。今日は無風だからなおさらか。ぼくはふらっと歩きはじめた。

あの企画どうやったら跳ねるのかなぁ、ちょっとあれは悪いことしたよなぁ、と頭のなかをわんぱくな思考が暴れまわる。よくよく見てみると、煮詰まっていない、落ち着きのないものばっか。

 

途中、喉が渇いて自動販売機でボタンを押す。チェリオは高校生のときに世話になったな、なんてことを思いながら。

また歩く。頭のなかが気になり過ぎて、目に映っているようで映ってないものばかり。だけど、突然、目がさらわれた。夕焼けが紅い、雲間がうつくしい。

 IMG_1872.JPG

何秒、立ち尽くしてたんだろう、じっと目に焼き付けて、またぼくは歩き出した。

 

You may also like

コメントを残す