家庭菜園をはじめました(耕す)

茂りに茂った草木を刈り取ったあとは、ひたすら耕す。土を掘り起こすと、土はちょっと粘土質。ミミズがにょろっと顔をだし、うねうね動く姿をじーっと見て、まだまだ土は元気だなぁ、とうれしくなる。

よいしょよいしょと鍬を振り上げては下しを繰り返す。少しずつ無駄な動きが減ってくるように思える。楽な方法を自然と体は探しはじめるようで、頭に考えろと命令をする。そうやって、能率をあげる、人間は学んでゆく生き物だということをあらためて実感するのだ。

汗がたれるなか、思い出した。「はたらく」は「はた(畑)をらく(楽)にすること」。そうだ、自分をきつくする追いつめるためじゃなくて、楽に楽しくするために、仕事はあるんだな。

IMG_1865.JPG

 

You may also like

コメントを残す