facebookをmixiにします

 

くらしとSNSの関係性を、考える機会が年々増えている気がします。

    facebook mixi bot

リアルとは違ったくらしの像を、SNSを使えば、ネットによくもわるくも描けますよね。最近このSNSとの関係性、特にいえばfacebookの付き合い方を変えることにしました。

 

新しいとか古いとか関係なく、「mixi」を使っている人はまだまだいると思います。ぼくも漏れずにそれで、アカウントを残しています。

ただ積極的にログインするわけではなく、Twitterと連携させてつぶやきを流す、という使い方です。なんというか、ぼくにとってmixiはもう「bot」みたいなものなんです。

 

ここ数年の普及で、もともとmixiでやっていたことが、いつの間にかfacebookに移っていきましたよね。これがざっくりした“mixi離れ”の流れではないでしょうか。そのfacebookから、またぼくは去ろうと思ってます。

facebookをmixiにします、facebookをbot化させます。

 

Facebookに距離をおくわけ

理由を5つあげます。

 

1. 反応に困ってしまう

投稿したことに対してコメントをもらえることがあります。ただ、性格上、これを返すコメントを考えるのに苦戦してしまいます。丁寧に返さなくちゃと思ってしまうので。個人的にはこれは大きかったです。

 

2. 結局は、流れてしまう

facebookの性質上ではありますが、タイムラインなので、投稿はすべて流れさってしまいます。なんとなく、刹那なことのために、注力して投稿するのはばからしいな思いました。というか、過去を振り返るとばかでした。フローでなくて、ストックできる自分の財産をネットでもつくりたい。

 

3. リア充(もどき)がたくさるいる

タイムラインを眺めていると、なんか楽しそうなというか、うさんくさいというか、「!」マーク満載の投稿がわんさか流れてきます。これが精神的につかれます。ましてや、コメントされると先ほどの「1」がやってくるのでうへぇー…….となります。

 

4.  力関係がみえてきて気持ちがわるい

最近はおじさん、おばさん世代がかなりfacebookにやんや登場します。仕事もできて、さらにfacebookも使うもんだから、彼らの投稿にはいいねやコメントがすぐ集まるんですよね。するとfacebookのこれまた性質上、タイムラインに現れること多いです。ネットにまで力関係がみえてしまって、バイラルメディア的な気持ちわるさを感じちゃうんです。どこかで儲けが生まれようとしているのが苦手です。

 

5. 井の中の蛙だ

元も子もないんですけど「自分のfacebook投稿は、そもそもだれも見ていない」と考えるようにしました。反応があったとしても、それは知り合いだからなだけで、リップサービスみたいなもの。いい投稿ができれば、どんどん広がるんでしょうが、身内からはじまると一般化はしにくいです。知り合いからのいいねやコメントに甘えているのは、自分をだめにする気がしました。一応、もの書きのはしくれとして。

ここらへんは、松倉さんの記事を読むとすこしはニュアンスが伝わるかもしれません。

誰も君のことなんか見てない – CNTR

 

具体的に変わること、変わらないこと

facebookはもともと「仕事:プライベート=50:50」みたいな使い方をしていました。

mixiからfacebookに移ったように、革新的なプラットフォームができたわけでもないので、投稿のベースは「Twitter」「Blog」「Instagram」と分けます。Blogに一番力をいれていきたいです。

ということで、Blog(このOTTOもそうです)での記事投稿を増やします。それを予約投稿サービス「Buffer」でTwitterはもちろん、Facebookにひたすら流していきます。そうやってbot化させます。

buffer
もう2年くらい使ってますが、Bufferは超便利です

先ほど「そもそもだれも見ていない」と言いましたが、だれも見ていないからこそ、botのように大量に流しても大丈夫だろうと、bot化を決めました。

これまでは、ぼくごときが投稿し過ぎたら迷惑だろうなぁ、とへんな気を遣ってましたしね。へんだったのはぼく自身でした。

 

facebookの「ページ」「グループ」「メッセージ」機能は今後も使います。ここでのコミュニケーションが必要なことは多いですし。それと、情報収集としてフィードは眺めます。気が向いたときに、いいねしたりコメントしたりします。

facebookの個人ページ(閲覧でなく投稿側)だけが非アクティブになる。というのが、変化として一番正しい表現かもしれません。これが今後のぼくのfacebookとの付き合い方です。

 

mixiのときもそうでしたが、別にfacebookがわるい、とSNS自体への文句が言いたいわけではありません。良くするのも悪くするのも使うユーザー次第なんですから。

そもそもはテクノジーですから、くらしをよくするためにSNSもあるのでしょうね。だからこそそれに捉われたくはないな、と思います。とりあえず、facebookにぼくの肌質が合わなかった、ということでしょうか。facebookと距離をおいていきます。

もしかしたら、これがぼくの“デジタルデトックス”のはじまりかもしれません。それか、もしかしたら、ぼくがへんくつなだけかもしれません……。

facebook mixi bot 2

 

ちなみにですけど、フォローのはずし方について

facebookで、ぼくみたいなタイムラインがうるさい人がいて、自分のフィードにもう流したくないな、思ったら友達のままでもフォローをはずせますよ。

ぼくもなんだかんだフィードを整理したくて、知り合いでもそぉーっとはずしてます。会ったらどんなに楽しく話せる人でもです。リアルとネットは違いますしね。ここらへん気軽でいいと思います。

facebookでフォローのはずし方

 

You may also like